國谷聖香ピアノ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS レクチャーコンサート「ショパンとバロックの精神」

<<   作成日時 : 2016/10/06 15:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10月2日(日)、レクチャーコンサート「ショパンとバロックの精神」〜スティル・ブリゼの応用を通して〜
に出演させていただきました。

プログラムは、主催のポーランド文化協会のHPをご覧ください。

加藤一郎先生による、スティルブリゼというリュートの分散奏法を鍵盤楽器に取り入れたバッハなどのバロック時代の作曲家から、さらにう美しく発展させたショパンによる楽曲のレクチャーと、ピアノのコンサートです。

私は、ショパンのバラード第一番を弾かせていただきました。

とても有名な曲で、とてもプレッシャーがあり、とても緊張しましたが、素晴らしい経験をさせていただき感謝しております。

大学構内で行われるレクチャーコンサートという演奏会の性格上、今回は小さな生徒さんには積極的に声をおかけしなかったのですが、チラシを見た小学生の生徒さんがお母様と一緒に聴きに来て下さって(後日知りました)、「勉強になった」「感動した」と感想を教えてくれて、嬉しかったです。


レクチャーして下さった加藤一郎先生
主催して下さったポーランド文化協会の皆様
スタッフの皆様
聴きにいらして下さった皆様

ありがとうございました。

画像


ご一緒させていただいたピアニストの皆様との記念撮影です。

右から長ア結美先生 坂田朋優先生 田口綾子先生 私です。

ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

レクチャーコンサート「ショパンとバロックの精神」 國谷聖香ピアノ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる