グレンツェンコンクール

8月も今日で終わりです。

夏のコンクールシーズンも、一昨日のグレンツェンコンクールの
予選でひと段落といったところでしょうか。

お教室から、グレンツェンコンクールにエントリーした生徒さん、
無事に予選を通過したとメールが入り、これから秋冬、本選に
向けて、気持ちも新たにしているところです。

今回、課題曲になったギロック。

解説のところに、ギロック氏が言った言葉が書いてありました。

どんなに素晴らしい演奏でも、聴衆の心に響かなければ、
それは音楽ではなく、聴く人の心に届いてこその音楽である。

といった意味のことだったと思います。

これを、生徒さんと二人で音読し、私も生徒さんも、無言に
なって、ふ~~っとため息をつきました。

そして、「音をミスしても、緊張しても、聴いている人のために
心を込めて、気持ちが届くように弾こう」と、話し合いました。

どんなに難しい曲も、簡単な曲も、ひとつひとつの音に、
心を込めて弾く、なんて素敵なことでしょう。

本選は、会場がキタラになります。

素晴らしいホールで、素敵な音を出せるよう、心を込めて
レッスンさせていただきたいと思います。