窓の外から

この2~3日、とても寒い日が続いています。

最高気温がプラスの温度にならないので、
凍えるような寒さ・・・といったところでしょうか。

窓の外は、白い空、白い地面。

今年は、今のところ、雪が少ないので、屋根の上には
あまり雪はありません。

音楽は、その作曲家の生まれ育った土地、もしくは
暮らした土地の気候風土と切り離しては考えられないように
思います。

以前、スペインに行ったとき、30度を超える気温にも
かかわらず、湿度が低いため、からりとした気持ちよさと・・・

北海道の真夏でも冷たい海の水からは考えられない、

あの大西洋の温かい海に足をつけた瞬間の驚き。


陸続きで、違う国に行くことに驚いたチェコへの旅。
日本の都会の夜とは比べ物にならない、
首都プラハの静かな夜・・・

黒い空に、石畳をコツコツと歩く足音だけが響きわたる・・・


大学生の時、ショパンのピアノソナタ第2番をレッスンで
全楽章通して弾いていた時・・・

第2楽章、あの「葬送」のメロディと、

弾きながら、ふと目に入ったレッスン室の窓の外の風景。

11月の曇った空・・・・

ほとんど葉の落ちてしまった木の枝・・・

北の国が迎える寂しい冬・・・


その時、(勝手な思い込みですが)この曲を書いた時の
ショパンはきっとこんな風景を見ていたのかもしれない・・・

そう思ったことを覚えています。


春の訪れはまだ先。

今日は何を弾こうかしら・・・