『鬼太郎 幸せ探しの旅~100年後の遠野物語』

柳田國男氏の書籍が好きで、愛読していた時期がありました。

『遠野物語』や『妖怪談義』『日本の昔話』

といった文庫本をカバンに入れて持ち歩いていました。


2010年に放送された『鬼太郎 幸せ探しの旅~100年後の遠野物語』が、今朝NHKBSアーカイブで再放送されました。


『遠野物語』がベースになっているということで、文字だけでイメージしていた私にとって、実際に映像で遠野の風景や、伝承に基づくお祭りを観ることが出来て、感動しました。

「オクナイサマ」「オシラサマ」も紹介されていました。

ナビゲートなさっていたのは、水木しげる先生。


現代の私たちに、目に見えぬもの、不思議なもの、それを信じる心のたいせつさを教えて下さる姿勢が、柳田國男先生に通じるものがあるように思いました。


鬼太郎が、きらめく明るい都会の夜から、何かを求めて、静かな自然あふれる遠野へ旅をするシーンを見て・・・


私も、スマホを持つようになってから、カバンに文庫本を入れて歩くことが少なくなったことをふと思い出し、久しぶりに『遠野物語』の文庫本を、地下鉄の中で読もうとカバンに入れました。