エチュードを考える

自分の子供の頃は、チェルニー30番からチェルニー40番、チェルニー50番と進むという公式のようなものがありました。

今の自分は、エチュードにショパンのエチュードやモシュコフスキーのエチュードを使っています。

生徒さんのレッスンでは、どうしたらよいのか・・・

日々新しいテキストも開発され、それぞれに素晴らしさがあると思います。


でも、ふっと思い出しました。

私の師匠が、チェルニーの遠縁であられる方に師事なさっていたということ。


つまり、自分はチェルニーにご縁があったということなのです。


敬意を持って、チェルニーを取り入れよう!!というのが今年のテーマとなりそうです。

チェルニー30番の前のレベルで使うテキストも、チェルニーから2冊ほど選びました。

バイエルなど、初歩のテキストが終わったら、チェルニーを活用していきたいと思っています。



まず、自分ももう一度、チェルニー50番を復習することに決めました。



余談ですが・・・・こちらは自分自身の練習について・・・

大学生のころ、師匠(ラントシュ先生)にハイドンとブラームスを薦められました。

なのに・・・あまり取り組んだことのない作曲家なのです。

こちらも初心にかえって、ハイドンのソナタを練習することにしました。

画像