お友達からお見舞いが

北海道での地震を心配した東京のお友だちが、お見舞いを送ってくれました。

ダッフィーちゃんたちのお菓子やグッズです。

地震で怖い思いをした生徒さんたちに・・・

と、全員に行き渡るように箱にいっぱい送ってくれました!

画像


小分けできる袋もたくさん入れてくれていて・・・

さっそくみんなに配ります。

合唱コンクールの伴奏や、コンクールの本選、これから始まるコンクールの予選、ピティナステップなど、本番を控えた生徒さんたちも多いので、みんなの励みになります。


お友だち!ありがとう~~~~!!!

私も生徒さんたちも頑張ります!!

頑張ります

このたびの胆振東部震災により被害にあわれた皆様にこころよりお見舞い申し上げます。

一日も早い復興をお祈りいたしております。

被災地のものを購入したり、自分の出来ることを見つけて行動したいと思います。



もっと大変な思いをなさっている方がたくさんいらっしゃること存じておりますが、

自分にとって日常に地震がこれほどまでに影響するものかと驚きました。



疲れがたまってきておりますが、前を向いてしっかり進んでいきたいと思います。


画像



ドトールで甘いパンとコーヒーを飲んで元気をいただきました。


生徒さんたちからも、停電中の勇気ある行動のエピソードをたくさん伺いました。


飼っている金魚、水槽に空気を送るポンプが停電で動かなくなった時に、機転をきかせて、のりきった生徒さんもいました。

マクガイバーのような「創意工夫」に驚きました。




大人の生徒さんのお薦めで貸して下さった本、ディック・フランシスの本なのですが、主人公の不屈の精神、決してあきらめない行動・・・・

停電中に読んでいたため、自分の中でも「不屈の精神」の影響を受けて、強くなれたように思います。


画像



さあ、今日はこれからレッスンです。

頑張ります(^^)




「北海道ポーランド文化協会創立30周年コンサート」に出演させていただきました

2018年6月23日「北海道ポーランド文化協会創立30周年コンサート」に出演させていただきました。

ピアノ、声楽の演奏によるポーランドに縁のある作曲者の作った楽曲で構成されたプログラムの演奏会です。

会場はキタラ小ホールです。

画像


キタラは中島公園の中にあります。

中島公園所在地は札幌市の中心部なのですが、美しい緑に囲まれた「都会のオアシス」です。

画像


公園を進んで行くとキタラホールが見えてきます。


画像


当日のピアノはスタインウェイ。

響きの良いホールで、響きの素晴らしいピアノを弾かせていただき幸せでした。

私はパデレフスキの曲を2曲弾かせていただきました。

ショパンの楽譜「パデレフスキ版」で有名なパデレフスキ氏は、ポーランドの大統領も務めたことのある方なので、そのような偉人の曲を弾かせていただくこと、とても光栄でとても緊張いたしました。

画像


チラシを観て駆けつけて下さった生徒さんや友人や同僚の先生たちの応援も心強く、心を込めて弾かせていただきました。

スタッフの方をはじめとして、一緒に出させていただいた素晴らしい演奏家の皆様にも感謝申し上げます。


ありがとうございました。

「神戸西南地区ステップ」に行ってまいりました

6月3日「神戸西南地区ステップ」にてアドバイザーをさせていただきました。

会場は垂水勤労市民センターレバンテホールです。

久しぶりの関西ということもあり、方向音痴の私は、ずいぶんといろいろな皆様に助けられて、無事出張を終えることが出来ました。

ポートライナーの乗り方からはじまり、いちいち何番線に乗るのかわからない(地名に明るくないので反対方面に向かう恐れ大なのです)私に、土地の方々がとっても親切に道順を教えてくださいました。

レバンテホールに至っては、警備員の方が、入口まで連れて行ってくださいました。

本当に感謝しております。神戸の皆様。

ステップは朝10時から、午後の8時半までという長い時間に渡って開催されました。

主催の岡田先生をはじめスタッフの皆様は疲れたお顔も見せず、とても細やかにステージを進めていらっしゃいました。

江本純子先生の美しい演奏を堪能したトークコンサート。

杉本安子先生のとてもためになったレクチャー。

大道寺錬太郎先生の暖かい好評。


そして、今回は、音楽を高校で学ぶ学生さんたちの演奏をたくさん聴くことが出来、その真摯でひたむきなピアノ演奏に、自分の頑張っていた受験生の頃を思い出し、初心を思い出させていただいたように思います。


皆様ありがとうございました。

画像


前列左から、アドバイザーでご一緒させていただいた江本先生、杉本先生、後列、私、大道寺先生。



画像


宿泊先のホテルのお庭から見える明石大橋です。
とっても美しい橋と海でした。

待ち時間にどうぞ♪

子供の頃、弟がレッスンをしていただいている時、つまり「待ち時間」ですね。

私は、スヌーピーの4コママンガを読んでいました。

知る人は知る・・・私は活字中毒といっても良いほどの読書好きで、母校(札幌西高)卒業の折には、図書局から「たくさん本を借りた人」として表彰され、副賞の図書券をいただいたほどの強者なのです。

それで、一度、読書をはじめると「集中しすぎてとまらない・・・」というわけで、普通の小説だと、自分の番(ピアノのレッスンの)になった時に、「はっ?ここはどこ?」と本の中の世界から帰ってこなくてはならない(笑)・・・

というわけで、母が考えた「待ち時間読書の秘策」が「4コママンガ」というわけです。

4コママンガならば!2秒でひとつのお話が終わりますから、いつでもピアノにスタンバイOKとなるんですね♡



そして、ワタクシ気が付いたのですが、本好きの先生(ワタクシ)のもとには、本好きの生徒さんが集まる・・・のか、ピアノ好きには本好きが多いのか・・・


やはり、読書をしていて、「〇ちゃんの番ですよ」になると、本から顔をあげて「ほわ??」というお顔をしていらっしゃる方が多い。


待ち時間といっても、私は時間厳守型レッスンを心がけているので、5分くらいなのです。

5分くらいで楽しめる・・・となると、やはり「4コマ漫画」が一番。


そこで、私のお教室に揃えているのがこの漫画です。

「木曜日のフルット」

画像


半ノラのフルットというネコと、だらだら暮らしているサナちゃんという女の子の、山も谷も無いのんびりした4コママンガ。


新しい巻を置いておくと、生徒さんの顔が「おお!?」とキラキラするので、そのお顔を見るのも、本好きの私のひそやかな楽しみでもあるのです(^^)

亀戸ステップに行ってきました。

画像



PTNA亀戸地区のピアノ・ステップにてアドバイザーをさせていただきました。

中倉のり子先生、細田由佳先生とご一緒させていただきました。

とても楽しくなごやかな雰囲気で、皆様の演奏を聴かせていただきました。

参加者の方は、年齢もさまざま、弾かれる曲の年代やジャンルもさまざま、聴きごたえがありました。

江東ステーションの大川恵子先生、スタッフの皆様ありがとうございました。

画像


季節替り皐月弁当です。
亀戸升本というところのお弁当。とてもとてもお上品で美味しかったです(^^)