テーマ:レッスン(クラシック、演奏法)

エチュードを考える

自分の子供の頃は、チェルニー30番からチェルニー40番、チェルニー50番と進むという公式のようなものがありました。 今の自分は、エチュードにショパンのエチュードやモシュコフスキーのエチュードを使っています。 生徒さんのレッスンでは、どうしたらよいのか・・・ 日々新しいテキストも開発され、それぞれに素晴らしさがあると思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤い屋根のサイロ

スマホに、先週、岩見沢に出張に行った時の画像がありました。 赤いお屋根のサイロが可愛いな・・ と思って、高速バスの窓から撮りました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お友達からお見舞いが

北海道での地震を心配した東京のお友だちが、お見舞いを送ってくれました。 ダッフィーちゃんたちのお菓子やグッズです。 地震で怖い思いをした生徒さんたちに・・・ と、全員に行き渡るように箱にいっぱい送ってくれました! 小分けできる袋もたくさん入れてくれていて・・・ さっそくみんなに配ります。 合唱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張ります

このたびの胆振東部震災により被害にあわれた皆様にこころよりお見舞い申し上げます。 一日も早い復興をお祈りいたしております。 被災地のものを購入したり、自分の出来ることを見つけて行動したいと思います。 もっと大変な思いをなさっている方がたくさんいらっしゃること存じておりますが、 自分にとって日常に地震がこれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待ち時間にどうぞ♪

子供の頃、弟がレッスンをしていただいている時、つまり「待ち時間」ですね。 私は、スヌーピーの4コママンガを読んでいました。 知る人は知る・・・私は活字中毒といっても良いほどの読書好きで、母校(札幌西高)卒業の折には、図書局から「たくさん本を借りた人」として表彰され、副賞の図書券をいただいたほどの強者なのです。 それで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年度になりました。

4月になりました。 大学の授業も、お教室のレッスンも新年度の開始です。 今年もしっかりと丁寧に頑張りたいと思います。 改めて、「美しい音色」と向き合う1年にしたいと思います。 「美しい音色」を出せるように・・・ 美しい姿勢 手の形 タッチ 自分の練習でも、それを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハコンクール地区大会1日目

バッハコンクール、第一日目。 優秀賞と奨励賞。 全国大会への切符を手に入れた生徒さん、全国大会に向けて頑張りましょう。 そして地区大会もまだまだ続きますので、しっかりレッスン頑張ります! 上の写真はイギリスから帰っていらした大人の生徒さんのお土産。 本場のお紅茶と、ピーターラビットのチョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

調律をしていただきました。

今日はピアノの調律をしていただきました。 グランドピアノと アップライトピアノ 2台のピアノを長い時間をかけて、とても丁寧に調律していただきました。 調律氏の方は、あの「水曜どうでしょう」のテーマ曲も 作曲なさっている方ということで・・・・ 新作CDにサインをしていただきました♪ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本クラシック音楽コンクール

日本クラシック音楽コンクールの北海道本選が終了しました。 私のお教室からは、2名が全国大会に選ばれました。 12月の全国大会に向けて、ますます練習頑張っていただきたいと思います。 私もレッスン頑張ります♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の朝食

今日の朝食は、菓々舎の「しっとりスフレのチーズケーキ」とハーブティーです。 クリームチーズがたっぷりで、チーズケーキも好き、チーズも大好きな私にとって、とても嬉しいチーズケーキです。 毎朝ごとに、冬が近付く気配を感じます。 ハーブティーや甘いものをいただくと、体も心もほっとして 「今日も頑張ろう~」 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「付箋」

私にとって、レッスンの時に欠かせないアイテムが「付箋」です。 可愛い付箋を見つけると、すぐ買ってしまいます。 嬉しいことにいただいたりもするので、たくさん集まりました。 粘着力がちょうど良かったり、面白いデザインだったり・・・ 10月になって、何故か9月より少し温かい日の今日。 チャイティーを飲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ピティナ・ピアノステップ都城2月地区」に行って来ました。(その1)

ピティナ・ピアノステップ都城2月地区のアドバイザーを務めさせていただきました。 宮崎ブーゲンビリア空港です。 雪深い北海道とは、まったく違う風景が広がっていました。 霧島連山が見える温泉宿「ゆぽっぽ」に宿泊。 会場は、都城「森の駅 エムズガーデン エムズホールです。 ピアノソロや弾き語り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本バッハコンクール」

昨日、日本バッハコンクールの全国大会が東京で開催されました。 私の生徒さんも、北海道代表でエントリー。 どきどきしながら結果を待っておりました。 そして・・・ 「先生、金賞をいただきました。ありがとうございました。」 と、電話が!! こちらこそ一生懸命練習頑張ってくれて、ありがとう!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハコンクール

昨日、バッハコンクールが開催されました。 お教室からは、2人がエントリーしました。 一人が優秀賞、一人が奨励賞。 ドキドキしながら、報告のメールを待ちました。 ホッとしました。2人とも受賞、嬉しかったです。 おめでとう。ありがとう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Tea Time Concert」

先日、自宅のレッスン室で「大人の生徒さんのお茶会コンサート」を開きました。 皆さん、一曲ずつピアノを披露した後、楽しくケーキでお茶会です。 お腹いっぱいで記念撮影。 3歳、5歳から、私のピアノレッスンに来て下さってる生徒さんもいらっしゃいます。 楽しいひとときでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「初見週間」です。

お教室では、今週と来週は「初見週間」です。 「初見週間」とは、つまりは、初見をレッスンに取り入れる・・・・ ということなのですが。 レッスン時間には限りがあるので、毎週は出来ないのですが、「初見」はピアノを弾く上において重要な技術ですので、できるだけ定期的に取り入れようと思っているのです。 楽譜を見て、音を出さず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「学習発表会」「合唱コンサート」のピアノ伴奏

先週のレッスンで、中学3年生の生徒A君のお母様が、スマホに撮った合唱コンクールの動画を見せて下さいました。 A君がピアノ伴奏です。 曲は、ピアノ伴奏がとても難しいことで有名な楽曲。 ピアノレッスンでも、その曲を取り入れて頑張って練習してくれていました。 レッスン室では聴くことが出来ていましたが、実際に学校で弾いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本クラシックコンクール」と「PTNAピアノステップ」

今週は、日本クラシックコンクール北海道大会と、PTNAピアノステップ札幌手稲地区が開催されました。 私のお教室からは、 日本クラシックコンクールにて、小4のH君が全国大会への切符をいただきました。 生徒さんも私も、12月の全国大会へ向けて、さらに頑張りたいと思っています。 また、ピティナ・ピアノステップ手稲地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の終わりに・・・

明日で8月が終わり。 (でも、暑いですね~。とても北海道とは思えない・・・) 今月、「練習していただきますよ」宣言した私ですが・・・ 先日のレッスンでこんなことがありました。 小3のAちゃん。「エリーゼのために」を勉強中です。 最初に、「出来るところまで弾いてみて」と私。 すらすらすら~~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンクール頑張りました♪

先日のブログで「練習しよう」と呼びかけることを決意したワタクシ・・・ ところが、ご存じのように、今年の札幌は猛暑続きです。 そんな中でのピアノの練習はさぞ大変なことと思います。 でも・・・ 言いました。 コンクールを控えている生徒さんたちに・・・ 「一日2時間以上は、練習しよう」 と・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「PTNAコンペティション」と練習時間について

PTNAピアノコンペティション札幌地区が終わりました。 今年は、検定部門とコンペ部門に生徒さんが5名エントリーいたしました。 結果は、検定部門C級2名合格。 コンペ部門にエントリーした生徒さんは、B級、C級、D級、全員予選奨励賞でした。 奨励賞がいただけたこと生徒さんたちはとても喜んでくれましたが、指導者の立場か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リセットすること~時代と弾き方~」

このところ、コンクール(コンペティション)の課題曲に取り組む レッスンが続いています。 コンクールの良いところは、「課題曲」というものがあるので、 好きな曲にこだわらず、いろいろな曲に取り組めるという点も あると思います。 それは、時には「あまり好きではない作曲家」の曲であったり、 「苦手なジャンルの曲」であったり・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タッチの力

ピアノは、大きい楽器です。 鍵盤は88鍵もあります。 ひとりで持ち運びも出来ません。 しかも、コンサートでは、広い会場のすみずみにまで、その音を 響かせなければなりません。 小さな音から大きな音まで・・・ p(ピアノ)からf(フォルテ)まで・・・ だから、ピアノは別名「ピアノフォルテ」とも呼ばれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その先にあるもの

ピアノの本(テキスト)といえば、 まず思い浮かべるのは 「バイエル」 「メトードローズ」 「バスティン」・・・・ こういった教則本ではないでしょうか。 今日は「その先にあるもの」について、思いを めぐらせてみました。 先に代表されるような、教則本。 これらを書いた先人の作曲家、ピアノ教師たちは …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合唱コンクールの季節

秋(初冬)と言えば、中学校の「合唱コンクール」の季節でも あります。 私のお教室でも、合唱コンクールのピアノ伴奏を担当する 生徒さんが何人かいます。 合唱コンクールで使われる曲のピアノ伴奏は、テクニック的にも 難しいものが多いので、ピアノ奏者の力量が問われます。 生徒さんたちも、難しいパッセージ(特に前奏や間奏)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more