レパートリーのたいせつさ

ピアノを習っている生徒さんたちから、

「前に弾いた曲、もう弾けなくなっちゃった」

「あの曲好きだったのに、弾き方忘れちゃった」

こういった言葉を、たびたび聞いた事から、私は
レパートリーを持つことのたいさつさを感じるように
なりました。

でも、新しい曲にとりかかると前の曲を忘れて
しまうのは、ピアノレッスンではよくあること。

でも、生徒の皆さんの願いはかなえてあげたい。。。

そこで、レッスンに「レパートリー」を取り入れることに
したのです。

レッスンしていて、

「これは、この生徒さんのツボにはまった曲だ!!」

と、感じた時、その曲を、その生徒さんの「レパートリー」に
するのです。

そして、その「レパートリー」を、時々振り返って、
もしくは立ち止まってレッスンする。

そうすることにより、生徒さんたちは、いつもすらすら弾ける
お気に入りの曲を持てるということになるのです。

嬉しいのは、最近、生徒さんが「レパートリー」という言葉を
覚えてくれたこと。

「レパートリー弾いてみよう」
というと、
「はいっ」
と、弾いて下さる。

とっても嬉しい瞬間です。