コンクールからの成長

私のお教室では、コンクールは強制ではありませんが、
チャレンジしたいと思っている生徒さんには
どんどん挑戦していただいています。

今年も、コンクールの季節がはじまっています。

PTNAにも初挑戦した生徒さんがいました。

課題曲が出てから時間がたってからのエントリーでしたし、
なんといっても初めての挑戦ですから、「検定合格できれば
いいね」と言って、レッスンを続けていました。

でも、メトロノーム、リズム練習、部分練習と、普段のレッスンよりも
完成度を高く持って頑張りました。

結果は、検定合格だけではなく、予選での奨励賞までいただくことが
出来ました。

次は、予選通過もしたいね、と新しい目標も出来て、
ひとつひとつ楽しくレベルアップにつながっていくことが出来たのが
指導者としては嬉しいです。

また、秋に本選を控えたコンクールに挑戦している生徒さんの
予選通過も決まりました。

このコンクールは自由曲参加なので、予選の曲よりも、かなり
難しい曲を本選で弾こう!と、生徒さんと一緒に選曲してみました。

楽しく、でもちょっと「楽しさの向こうの苦しさ」も味わいながら、
コンクールというステージを、生徒さんと一緒に頑張ろうと
思っています。